自販機の平均販売本数

自動販売機1台あたりの月間平均販売本数
2009年の清涼飲料の台数と金額
カップ式の物や牛乳等は入っていません。

 

普及台数 2,148,000台
年間自販金額 1兆8795億円

 

上記の数字は、一般社団法人 自動販売機工業会様のホームページ
(http://www.jvma.or.jp/index.html)の2009年末自販機普及台数及び年間自販金額より清涼飲料の部分を抜粋して引用させていただきました。 大きすぎて実感のつかめない数字ですね。
この数字を元に、もっと身近な数字である、1台あたりの販売本数を計算してみます。
1兆8795億円(年間自販金額)÷2,148,000台(普及台数)÷12ヶ月=72,916円
72,916円が1台あたりの1ヶ月間の平均売上です。
この72,916円を平均販売価格で割ると1ヶ月の販売本数が出るわけですが、残念ながら販売価格に関する数字が調べても見つかりませんでしたので、大雑把ではありますが、缶が120円、500mlペットボトルが150円、平均で135円ですが、安売りしている自動販売機も見受けられますので、平均販売価格130円として考えますと72,916円÷130円=560本
自動販売機1台あたりの1ヶ月の平均販売本数が560本という数字になりました。